Copyright © 2020 oomura CO.,LTD All Right Reserved.

初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして

気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)

(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)

悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、

こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、

一人一人の日本人が明日への希望とともに

それぞれの花を大きく咲かせることができる、

そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定された。

 

この令和改号記念プレミアム檜扇は

1本1本にプレミアムデザインを施し

白梅の中に紅梅花が1輪づつ増えていき

製作本数が上限になると白梅が紅梅に変わる各1本限定檜扇です。

この咲き誇る梅の花、

香りが漂うような蘭のとの共演が

本の明日への希望と皆様のご多幸を祈る令和の檜扇として

作品に仕上げたものです。

ー 豪阿弥 ー

令和改号記念プレミアム檜扇 各1本限定販売